0・0

記憶に残っている問いのなかで最も古いものは『なぜ、この人たちが 父であり、母なのだろう?』というものだ。多分、6歳ぐらいの時だった。友人の父親や母親ではなく2人がそうである理由は何故なのか?それは、具象としての父とか母ではなく関係性としてのそれで、『何故、この人達との間でのみ 親と子という関係性が成立されているのか?』そういったことへの…

続きを読むread more

1・1

心というものが、あるわけではなくて『あるもの』を『心』と称した。そう、思考・考えとはまた違うそれに先立つようにしてあるもの。動かされた時、動いたと感じた時に確かに『ある』それを。 1・1     1・2     1・3     1・4     1・5     1・6     1・7     1・8     1・9     1・…

続きを読むread more

1・2

人間の本質的なことはほとんど解明されないままに世界はもの凄く進んで行く。そのアンバランスさは人にその人自身の欠けている部分をとても意識させてしまうようになったのではないか?そして、これから、それはますます加速していくように感じる。人は矛盾だらけだし、完璧なんてものはない。不完全で足りていない事が普通なのだと。何かが出来るようになっても何…

続きを読むread more