1・24

世の中の人が
あの人は成功者だと
価値付けをしたとしても
その人自身にとっては
道半ばであるかもしれない。
「一度成功したら
 満足する選手が多い中で、
 なおみは現状に
 満足することなく、
 さらに努力を重ねた
 数少ないタイプ」
サーシャ・バイン・コーチの言葉。
かつて、
北島康介の記録が伸び悩んだ時
『壁をタッチし、
 振り返って
 電光掲示板を見るのがゴールだ』
としたことで、
タッチの瞬間まで
最大限の能力を発揮することが
できるようになった。
という。
つまり、
実現され得る
殆どのことは
その人自身が
目指すところまで
達しないということ。
だから、
結果に差をつけるのは、
ハングリーさ
志の高さ
というような意識や想いの差だと
言える。
また、
どんなにスキルが高くても
結果は、
それを扱う人の
メンタリティーや思考によって
決まることが殆どだ。
つまり、
そこで出た結果の差は
例え僅かなものであったとしても
養われてきた
思考、メンタリティーの差を
埋めることは
そんなに簡単なことではない。
と、いうこと。
いくつかの修羅場を経験して
ピンチと思えるような時ほど、
心が静寂になる。
という状態を可能としていく。
こう言ったことは、
平穏な日々の中では
得られないことで、
望まない状況に
さらされることでしか
体得しえないこと、
だったりする。
その最中は苦しいが、
気づいたら
逞しくなっていた。
というように。
あるいは、
強くなりたい。
という望みが叶う過程が
そうとは
気づかないように。



1・1     1・2     1・3     1・4     1・5     1・6     1・7     1・8     1・9     1・10   1・11
2・3     2・4     2・5    2・6     2・7     2・8      2・9     2・10   2・11   2・12   2・13
2・14   2・15   2・16   2・17   2・18   2・19   2・20   2・21   2・22   2・23   2・24   
2・25   2・26   2・27   2・28   2・29   3・1     3・2     3・3     3・4     3・5     3・6 
3・7     3・8     3・9     3・10   3・11   3・12   3・13   3・14   3・15   3・16   3・17
3・29   3・30   3・31   4・1     4・2     4・3     4・4     4・5     4・6     4・7     4・8
5・1     5・2     5・3     5・4     5・5     5・6     5・7     5・8     5・9     5・10   5・11 
5・23   5・24   5・25   5・26   5・27   5・28   5・29   5・30   5・31   6・1     6・2
6・3     6・4     6・5     6・6   6・7     6・8     6・9     6・10   6・11   6・12   6・13
6・25   6・26   6・27   6・28   6・29   6・30   7・1     7・2     7・3     7・4     7・5 
7・6     7・7     7・8     7・9     7・10   7・11   7・12   7・13   7・14   7・15   7・16 
7・28   7・29   7・30   7・31   8・1     8・2     8・3     8・4     8・5     8・6     8・7 
8・8     8・9     8・10   8・11   8・12   8・13   8・14   8・15   8・16   8・17   8・18
8・30   8・31   9・1     9・2     9・3     9・4     9・5     9・6    9・7     9・8     9・9
9・21   9・22   9・23   9・24   9・25   9・26   9・27   9・28   9・29   9・30   10・1   

この記事へのコメント